ぺんぎんぺーぱーちぇーす -PennLawLL.M.留学記-

University of Pennsylvania Law School LL.M.(ペンシルベニア州フィラデルフィア)を修了し、日本に帰ってきました。留学時代のことやアメリカのことなどを細々と書いていきます。

ペンシルベニア大学の紹介②

f:id:pennguin:20161116011202j:plain

 

前回の記事 

pennguin.hateblo.jp

 

の続きです。

目次
0.基本データ
1.ペンシル“ベ”ニア?ペンシル“バ”ニア?
2.シルバニアファミリーと関係あるの?
3.州立大学?→私立大学です
4.立地
5.アイビーリーグ(Ivy League)
6.強い分野・ランキング



今回は4~6です。


4.立地

ペンシルベニア大学は、ペンシルベニア州最大都市フィラデルフィアの西側のユニバーシティシティ(いつも噛みそうになります)にあります。
そもそもペンシルベニア州ってどこかパッと浮かびますか?残念ながら、浮かばない方が多いかと思います

 

ペンシルベニア州は、独立13州の一つで、東海岸にありますね。フィラデルフィアはその一番東の海沿いです。


フィラデルフィアと言えば、フィラデルフィアクリームチーズが思い浮かぶ人が多いと思いますが、実際にチーズ・ステーキという料理が名物となってます。
f:id:pennguin:20161116011834j:plain

以前フィラデルフィアに行ったときに食べました。見た目が全然ステーキじゃなくてめっちゃジャンクフードだけど、これがうまい。


また、独立宣言がされた土地としても有名で、ワシントンDCに移る前のアメリカ最初の首都でした。そういうわけで、「アメリカ発祥の地」とも言われる由緒正しきHistoric Townなのです。
また、実はアメリカ第5の規模の都市でもあります(そんなに大きくは感じなかったんですがね…)。

というわけで、他のアイビーリーグ校(下記参照)や有名校が郊外にあることが多いアメリカにあっては、珍しい都市型の大学です。NYCとDCへのアクセスも非常に良く、恵まれた立地と言えます。
僕が前回いたカリフォルニアの街は超がつくド田舎(文字通り陸の孤島)だったので、アメリカの都会生活が送れるのは楽しみの一つです。

フィラデルフィアについてはまた改めて書きたいと思いますので、今回の記事ではこのへんで。




5.アイビーリーグ(Ivy League

みなさんはアイビーリーグとかアイビーリーガーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
アイビーリーグとは、アメリカ東海岸にある8つの私立大学連合(ハーバード、イェール、プリンストン、コロンビア、ペンシルベニア、コーネル、ブラウン、ダートマスのことを意味します。

アイビー(Ivy)とはツタの意味を表し、この8校はどれも古く歴史がありキャンパスの建物にツタが絡まっていることが多いのが名前の由来だそう。

元は大学スポーツの連合だったみたいですが(日本の六大学みたいなものですね)、今は「東海岸のエリート私立校」という感じで受験の話のときによく出てきます(エリート度は違うけど日本でいう早慶上智みたいな感じですね)。

アイビーリーグと同等かそれ以上の大学もたくさんあるので(スタンフォード、MIT、シカゴなど)必ずしもこの大学がトップというわけではないですが(これらを含めたアイビー・プラスなる言葉もある)、未だにトップ校の代名詞のようなワードとして使われています。

なお、「アイビーリーグくらいレベルが高い州立大学」を指す言葉として、「パブリック・アイビー」なんてものもあります。カリフォルニア大学やテキサス、ミシガン等が代表です。

また、「アイビーリーグより学費が安いけどそれくらいの質の教育を提供する私立大学」として「ヒドゥン・アイビー(Hidden Ivy)」なる言葉もあります。もうなんでもありだな笑。


日本でもその昔アイビーリーグの学生のファッションである「アイビールック」というのが流行って、服装や髪型を真似る文化があったようです。トラディショナルで品があってかっこいい。
アイビールックについては、"TAKE IVY"という写真集が詳しいです(僕も買いました)。

肯定的な意味で使われるアイビーリーグですが、古いアメリカの白人的金持ち階層の象徴として揶揄の対象ともなります。

村上春樹はアイビーの一校であるプリンストンで2年間ほど文学を教えており、その時の様子は『やがて哀しき外国語』というエッセイに詳しいですが、「プリンストン村」と評して当時のプリンストン市・プリンストン大学の閉鎖的でスノビッシュでエリートな文化についておもしろおかしく語っています。
この本はめちゃくちゃ面白いので興味ある方はぜひ。

多分昔ほどではないし、ペンはアイビーの中でもリベラルな部類だと思いますが、カリフォルニアの大学との違いを見るのも楽しみの一つです。




6.強い分野・ランキング

アメリカの大学は日本の大学と異なり、専攻ごとのレベルが全く違ったりします。
それで、より「○○の分野を勉強したいから××大学に行く」という進路選択が一般的なようです。
ペンもその例に漏れず、以下の三分野で特に有名です。


経営学
ペンシルベニア大学といえば何といってもビジネススクールのウォートン(Wharton)でしょう。最近はMBA留学をよく耳にするので、多分ペンを知っているとしたら、アイビーリーグかウォートンがその理由であることが多いと思われます。
全米最古のビジネススクールであり、大体ハーバードと競って世界1位か2位という超名門です。そのおかげか、「大富豪輩出数ランキング」ではペンが堂々の世界トップに輝いております。

②医学
その次に強いのが医学で、やはり全米で最初のメディカルスクールを開設しました。日本人では野口英世なんかがここで研究しています。

③法学
おそらくその次に強いのが、我らが法学です。諸説ありますが、全米で最初のロースクールはやはりペンらしいです。

特に会社法やビジネスの分野で有名(デラウェア州に近いことが関係)で、最新のロースクールランキングでは全米で200ちょいあるロースクールのうち7位です

詳しくは、以下の記事を参照してください

 

pennguin.hateblo.jp

 

 

こうしたプロフェッショナルスクール発祥の地という意味でも、非常にリベラルな校風らしいです。



いかがだったでしょうか?

基本的に自慢ぽいのはお許しください笑
みなさんが少しでもにペンに対する認識を濃くすることができたのならば幸い!!!!であります。
実際に入学したら、さらにペンの魅力をお伝えしていく予定です。

 

 

*****************

追記

実際にペンに行ったあとの学校の様子や感想などについては、以下の記事を御覧ください

 

pennguin.hateblo.jp

 

 

pennguin.hateblo.jp

 

 

pennguin.hateblo.jp