ぺんぎんぺーぱーちぇーす -PennLawLL.M.留学記-

University of Pennsylvania Law School LL.M.(ペンシルベニア州フィラデルフィア)を修了し、日本に帰ってきました。留学時代のことやアメリカのことなどを細々と書いていきます。

渡米まであと一ヶ月

昨日でもって渡米まであと一ヶ月となりました。

楽しみと不安とが入り交じって相変わらず躁鬱状態みたいな日々を過ごしております。

不安というのは留学先での勉強もあるのですが、現状は一番目の前の壁である期末試験ですね。後期成績が下がってしまったのでここで巻き返しをしないといけない。プレッシャーがハンパない。

それから、来週末には引っ越し。一人暮らしの今のアパートを引き払って、都内にある実家に荷物を移す。20日間はそこから大学に通うことになる。片付けがまだ全然済んでないので、それも不安なところ


手続はあれからはそんなにしてないですね。早稲田の強制加入の保険の手続をしたくらい。
予防接種は留学先の大学によって必須だったりそうじゃなかったりする。ペンの場合は必須なのですが、ペンの保険に入れば全て無料でカバーされるそうなので、あちらについてからする予定です。

あとは日本にいるうちにできる治療等を。しばらく歯医者に通っていて、少し前に親知らずを抜いたのですが、また違う親知らずが出てきて痛みだしたので抜くことに。
あと色々薬とかも今のうちにもらってこようかなと。アメリカは色んな薬が薬局で簡単に手に入るみたいなので不要かもしれないけども


あと、めちゃくちゃ重要な科目登録が来週の月曜から始まります。NYバー科目を中心に据えるのか、大変だけど成長を求めてゼミ形式の授業を取るのか、勉強すべき分野を優先するのか、授業はそこそこに活動に励むか…、など、あちらでの身の振り方を考えつつ、送られてきた先輩の講義評価を参考にしつつ決めたいところ。取る授業を決めたらまた改めて書きたいと思います。

それから火曜にはお茶の水でPenn LawのOB会がある。admitted studentsは参加費無料なので行ってきます。弁護士とかお偉いさんばかりで萎縮しそうだが、まぁ楽しんで来れたらいいなと。下らないかもしれないけど、ついにアイビーリーグコミュニティに入れると思うとおれも頑張ったな(遠い目)という感じがする

ちなみに、バルガナシュ先生というPenn Lawの教授がそこで挨拶をするそうなのですが、実はその先生は現在早稲田ローにいるのです。協定に基づく客員教授みたいな感じですね。
僕は他の勉強との兼ね合いで授業を取ることは断念したのですが、ちょうど挨拶に行かなきゃなと思っていたところ、明日開かれる生徒との食事会に友達が誘ってくれました。ここでバルガナシュ先生と仲良くなっておけば心強い



最近良くフィラデルフィアとかの地図を見てる。地図を見ながらあそこはこんな感じだったかなーとか、ここ行きたいなーとか考えている。ものすごく楽しい
そして、ストリートビューフィラデルフィアやペンのキャンパスを徘徊している。ここにあと一ヶ月で行けるんだなと思うと何だか夢のようである

フィラデルフィアは行ったことあるけど、スコール?のせいでペンのキャンパスには行けなかった。何度でも言うけど古風な建築が大好きなので、柄にもなくウキウキする。あんな美しいキャンパスで勉強できるなんて、改めて夢のようだ


とりとめないですがこんなとこで