読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺんぎんぺーぱーちぇーす -PennLawLL.M.留学記-

University of Pennsylvania Law School LL.M.(ペンシルベニア州フィラデルフィア)を修了し、日本に帰ってきました。留学時代のことやアメリカのことなどを細々と書いていきます。

アメリカの訪問した都市で打線組んでみた。

2chまとめの打線組んでみたシリーズが好きなのでやってみようと思います。

今回は僕がアメリカで訪問した都市で。ちなみにほぼ全部バックパッカー一人旅です(一人旅好きとはいえ、都会で一人は結構寂しい)。

野球経験がないので打線とその役割はなんとなくのイメージ。




1 Las Vegas, NV

(ホステルからカジノへ向かうバスの車内。パーリーモード)

先陣切るのは勿論パーリータウン・ラスベガス。ホステルに泊まってそこにいた旅行者たちとカジノに繰り出したんですが、もう最高でした(ルーレットで2万負けた)。
ダウンタウンのカジノで死んだ目でルーレットやってたべガス出身と言うおばちゃんが”I hate Vegas...”とひとりごちたのには非常に重みというか、闇を感じた。遊びにくるくらいがちょうどいい…。




2 San Francisco, CA

(カラフルな街並み)

留学していたところから車で2時間程度だったので、3、4回訪問。坂の多い街にケーブルカー、カラフルな家並みとシックで風情のある街。San Franという略称もオシャレ。
ただ、ダウンタウンとかは人通りも多くなく結構殺風景。そもそも僕は古い建築とか歴史ある街並みが好きなので、カリフォルニアの街はあんまりピンと来ませんでした。




3 Los Angeles, CA

(ご存知ハリウッドサイン)

一応クリーンナップにいれましたが、何ともコメントしづらい場所。
よく言われますが街がだだっ広い(spread out)ので車が無いと移動が大変なんですよね。
あとはダウンタウンがわりと殺風景で、治安も悪そうで、そんなにいい印象がありません。あからさまなギャング(ヤンキー?)みたいなやつもいて笑えた。ただ、サンタモニカは綺麗。明らかに一人で来る場所ではない。ディズニーやユニバーサルに行ったら楽しかったんだろうなー。




4 New York, NY

(ご存知タイムズスクエア)

もちろん4番はニューヨーク。ボストンから夜行で行って、初めてタイムズスクエアに立っときの気持ちはよく覚えてる。ここが世界の中心だ!!!!!って感じでした。
活気があって歩いているだけで楽しいし、美術館も豊富だし、飽きないところ。フィリーから近いので頻繁に通いたいものです。



5 Boston, MA

(そこいらの家すら様になる)

歴史があって、ヨーロッパのようで、一番好きな場所の一つ。路地裏とかもいちいち風情がある。
カリフォルニアと比べて寒すぎたのが唯一のマイナスポイント。あとボストン市民(ボストニアン)は全然信号を守らない。プライドも高いらしく、古都なこともあり京都を彷彿とさせる。



6 San Diego, CA

(トップ・ガンで使われたレストラン)

好きな映画の一つトップ・ガンのロケ地。それだけで興奮。海沿いで太陽が降り注ぎいかにもカリフォルニア~な街。日本でいう横浜みたいな感じでしょうか。サングラスかけてバイク吹かしながら"I can't hear you!"って言いたい。



7 Santa Barbara, CA

(塔からの街並み)

カリフォルニアが続きます。スペイン風の白とオレンジの街並みにすぐ近くの海岸線。リッチピーポー向けの避暑地として有名みたいですが、まさにこの世の楽園。好きな街の一つ。ここでのんびりできたら最高である。



8 Philadelphia, PA

(残念スポット・自由の鐘)

我らがフィリー。独立宣言が採択された、アメリカ独立の土地。
自由の鐘の残念観光スポットぶりにはたまげたが、ビル群と古い街並みが共存したいい街。美術館も良かった。治安は悪い。



9 Washington, DC

(マネの『鉄道』)

首都ということで最後に。
完全なる区画都市かつ政治都市なので面白味はない。あと治安も悪い。
もっともスミソニアンを初めとする美術館・博物館群は素晴らしい。特にワシントンナショナルミュージアムのマネの『鉄道』とメアリー・カサットの『青い肘掛け椅子の少女』は本当に美しく、マイフェイバリット絵画の一つ。





その他ベンチ勢


Cambridge, MA
ボストンと川を挟んだところにある。実はハーバードはボストンではなくこちらにある。

Plymouth, MA
ボストンから電車で小一時間。最初の植民地ができたところであり、アメリカ発祥の地と言われる。プリマス植民地村なる当時の様子を再現した観光地がある。

Berkeley, CA
至る所にヒッピーがいてマリファナの香りが漂う。大学付近の活気は素敵。バックトゥザフューチャーの架空都市であるヒルバレーに似たものを感じる

Davis, CA
留学していたところ。街のほとんどを大学キャンパスが占める。ダウンタウンはしょぼい。何も無い。牛は大量にいる。思い出はある。隣町は遠い。陸の孤島

Sacramento, CA
カリフォルニアの州都だが何も無い。サックと略すとそれっぽい。隣町だったので度々買い物に行ったが、アメリカのやる気の無さにたまげた。

Oakland, CA
グリーンデイの故郷。全米でも有数の危険都市。いかにもな地方都市できわどい(友達と行ったので楽しかったけど)。

San Jone, CA
シリコンバレーお膝元の地。あまり印象が無い。モーテルしかなく宿代をケチって野宿。夏とはいえカリフォルニアの夜は冷え、死ぬかと思った。

Cupertino, CA
シリコンバレー。アップル本社がある。意識高い人の聖地。

Mountain View, CA
シリコンバレー。炭酸水ではない。グーグル本社がある。同上。

Palo Alto, CA
シリコンバレースタンフォード(正確には隣のスタンフォード市)とフェイスブック本社がある。同上。


ということで、



1 Las Vegas, NV
2 San Francisco, CA
3 Los Angeles, CA
4 New York, NY
5 Boston, MA
6 San Diego, CA
7 Santa Barbara, CA
8 Philadelphia, PA
9 Washington, DC


という感じです。

ていうか、画像アップするのめんどくないですか?笑 画像豊富なブログ書いてる人本当に尊敬です…。今後も旅行記とか書くと思うけど画像はあまり期待しないでください。

次回の留学では前回行けなかったところに行けるといいな。乞うご期待!