ぺんぎんぺーぱーちぇーす -PennLawLL.M.留学記-

University of Pennsylvania Law School LL.M.(ペンシルベニア州フィラデルフィア)を修了し、日本に帰ってきました。留学時代のことやアメリカのことなどを細々と書いていきます。

日本よ、これが「本場」アメリカのハロウィーンだ

だいぶ旬を過ぎたが、「本場」アメリカのハロウィーンについてのレポを書きたい。

31日夕方の段階では日本のハロウィンは終わっており、twitterやFBは友人や知らない人たちのコスプレ写真で溢れていた。

ちなみに、僕のロースクールの友人はみんなで五郎丸をやり(僕は日本の事情に疎くて写真を見るまで五郎丸って誰?という感じだった)、アッコにおまかせでその写真が取り上げられたとのことだ。

f:id:pennguin:20151112141005p:plain

やはり旬のコスプレは話題性が高い。

 

そして、去年もあったが、ハロウィン批判である。

  • 「ゴミを散らかすな」←わかる
  • 「単純に迷惑」←わかる…が、まぁ特別な日くらいいいのでは?
  • 「本場アメリカはこうじゃない!ハロウィンは子供のためのイベント!!」←ほんとか?

ということで、本場のハロウィーンがいかなるものかを検証してきた。

先日、泊まっていたユースホステルでPhiladelphia Haunted Tourというのに参加したのだが(オールドシティ近くのいわくつきの家や墓地を回るツアー)、その時のガイドが、「アメリカの伝統的ハロウィーンを味わいたいなら、6時〜9時くらいにここらへんに来るといいよ」と言ったので、それに従った。

だいたい2nd Spruceとかそのあたり。いかにもNice Neighborhoodといった住宅街

 

ユースで仲良くなったエジプト人医師とともに出陣。

f:id:pennguin:20151111234041j:plain

飾り付けられた家

 

f:id:pennguin:20151111234042j:plain

子供達。なんというか、想像通りのハロウィーン

f:id:pennguin:20151111234044j:plain

f:id:pennguin:20151111234043j:plain

 (ブレブレですみません)

f:id:pennguin:20151111234046j:plain

その名もAmerican Street

f:id:pennguin:20151111234047j:plain

f:id:pennguin:20151111234048j:plain

兄弟。写真を撮らせてもらった。

f:id:pennguin:20151111234049j:plain

 

 

 ふむ。ここまでは想像通りのトラディショナルなアメリカのハロウィーンである。

 

 

それから、先輩にもらったぺんぎんの衣装をきて、押す銀ことピアノ弾きの少女とともに、街の中心部の方へ。

 

f:id:pennguin:20151111234050j:plain

2nd Street交差点

 

f:id:pennguin:20151111234051j:plain

f:id:pennguin:20151111234052j:plain

リッテンハウス近くのクラブ前

 

 

f:id:pennguin:20151111234053j:plain

f:id:pennguin:20151111234054j:plain

街の中心を南北に貫くBroad Street付近

 

f:id:pennguin:20151111234055j:plain

コンビニ

 

 

 

………

 

 

…………

 

日本と一緒じゃん?????

 

いやむしろ、日本の下位互換?????

 

東京と比べるならNYじゃないとダメだと思うが、少なくともフィリーは東京の下位互換という感じだ…。勢いが足りない…

フィラデルフィアンが六本木か渋谷のハロウィンに行ったら、「なんだこれ…楽しすぎる…」となることを請け合いなのではないだろうか。

 

知り合ったアメリカ人が「大人は子供を連れてTrick or Treatやって、子供を寝かしつけたらパーティに行くのさ」と行ってたが、どうやらそれが正しいようだ。子供がいる場合は近所のお祭り的な感じで集まるが、結局大人は家で飲み会をしている。

そして、子供のいない若者にとってはあくまで仮装イベントである。向かう先はクラブだ。

 

ただ、日本と違うのは、純粋に人口的な問題だと思うけど、街に人が溢れかえるということにはならないということ。そういう意味では、迷惑さはだいぶ小さいのは事実。

 

というわけで、「本場アメリカはこんなんじゃない!」という批判はまったく当たらないな、と思うわけでした。来年の日本のハロウィンが早くも楽しみである。