読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺんぎんぺーぱーちぇーす -PennLawLL.M.留学記-

University of Pennsylvania Law School LL.M.(ペンシルベニア州フィラデルフィア)を修了し、日本に帰ってきました。留学時代のことやアメリカのことなどを細々と書いていきます。

Fall Semesterがおわって。日記的なもの。

f:id:pennguin:20151220043929j:plain

さて、しばらく更新してませんでした。ぺんぎんです。

いやー、、、なにはともあれ、秋学期を無事乗り切ることができました。まぁ、単位が来るまでは乗り切ったとは言えないのかもだけど…

秋学期は、正直しんどかったです。留学は二回目とはいえやはり今回はプレッシャーがすごいし、英語力の無さを日々痛感し、授業や教科書の難しさに日々へこみ。

正直言って、授業には全然ついていけなかった。それに加え、まぁ留学生なら誰もが通る道だろうけど、若干人生に悩み出したりして、集中できなかったり…。

なんというかね、まぁ、色々な人に接して、色々な新しい世界を見て、今までの自分を省みて、とそういう時間を持てるのは留学の魅力の一つだと思う。まさに「視野を広げる」というか。でも、こうしてロースクールという専門教育機関に来て、そして司法試験という目標を設定してやっている以上、もっと一心不乱に集中する時間をとるべきだったなと反省している。今は迷う時間ではなく目の前のことにかじりつく時間なのだと。

なんだろう、前もそうだったけど、留学に対する過度な期待と過度な気合いがある。だから、「何かしなきゃ」という意識、というかもはや強迫観念、がすごい。そしてそれは勉強についてもそうだけど、「今しかできないこと、ここでしかできないこと」みたいなもの。勉強ももちろんその一つなんだけど、結局勉強ってどこでもできるしな、とか思ってしまう。じゃあここでしかできないことってなんだ?そう問われると、よくわからない。

てかそもそも、アメリカで法律を勉強する意味ってなんだろう?法律ってなんだろう?入ってはいけない闇の世界に片足をつっこみそうになってしまった秋学期であった。

なんだろうね、アメリカでの目標の一つはこういう悩む性格を脱してもっとアメリカ的になることだったんですけどね。って、こういう姿勢が良くないのかも。別に海外に来た所で自分が変わるわけでもないし

 

さて、ここ最近は色々とありまして、

  • ファイナル4科目しんどい
  • ついに引っ越す。悩んだおかげでアメリカ家事情とフィリーのエリアに精通
  • 冬に3週間南米に行くことに
  • フィリーのクリスマスめっちゃいい
  • MPREなんとか合格
  • 白い巨塔やっぱやばい
  • ペン厳しすぎでしょ

 

などなど、色々あったし、色々思うところがあった。南米行くまでは暇なのでこのあたりのことを書いていきたいと思います。

とりあえずみなさん、Happy Holiday and Happy Winter Break!