読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺんぎんぺーぱーちぇーす -PennLawLL.M.留学記-

University of Pennsylvania Law School LL.M.(ペンシルベニア州フィラデルフィア)を修了し、日本に帰ってきました。留学時代のことやアメリカのことなどを細々と書いていきます。

アメリカでの抱負…に先立ち、前回の留学の反省会

少し前に下書きしてたやつ


人間環境が変われば気持ちも変わります。というか、環境の変化をいいきっかけに「自分も変わろう」と思うわけですね。もちろんぺんぎんもそう考えているわけです。

そこで、今は色々とアメリカでの抱負を考えています。

25にもなると、自分の中で思想(大した物ではないが)も固まってくるし、音楽、服装、本などの趣味も大体固まってしまって、中々どうも新しい分野に挑戦することもしなくなってくる。自分の世界を壊したくないからですね。
でも、年取って「最近の若者は」と言うようなやつにはなりたくない。いろんな文化に寛容でありたい。しかし、やはり世界は18~20歳を中心に回っているのか、そこらへんの世代はどうもやたらとキラキラ見えてしまって、まぁ端的にいうと嫉妬も出てきた。これじゃあマズイ
そういう意味もあって、なるべく年下と関わるようにしている。ただ単に年下女子が好きというわけではないのです、ほんとです!


ではまずそれに先立ち前回のカリフォルニア留学の時の目標とその達成度を、過去の日記を参考にしながら振り返る

-----------------------------------
【渡米前の日記】
大学入ってから東南アジアとヨーロッパ2回の大きな旅行を経験してきたけど、それで気付いたのは皮肉にもというか「旅行だけじゃだめだ」ってことでした
バックパッカーだなんだ言っても結局は旅行者、部外者で、あくまで日本に基盤はありながらちょっと足を突っ込んでるだけみたいな感覚にすぎない。そうじゃなくて、一回基盤をあっちに移してどっぷり浸かってみたいなとかねがね思ってまして。一ヶ月とかじゃなくてもっと長い期間

たった一ヶ月やそこいら海外いるだけでもめちゃくちゃためになったから、半年もいたらさぞかしいい経験になるだろうと思う
ただ、その経験ってのはあまりに漠然としてて何とも言えないのだけれど。なんかおれは「経験」ってのをやたら重視したがるんですけど、まぁ曖昧ですよね
生活体験、語学習得、異文化交流、色々な言葉はあるけど、もっとあくまで漠然と全体的に自分のためになるなという感覚です。個人的に場所を変えるってのはそれだけで意味があるなと思ってて。場所っていうか環境かな

具体的な目標は何かと言えば英語です。この半年間で問題無く会話をこなせるレベルまで、そしてもっと高い水準の会話ができるまで持っていきたい。
そんで、ただ英語自体の勉強で終わらず、英語で法律をやったりとか、そういうこともしたいです
----------------------------------

ということで、まとめると、
①基盤を海外に移すことで、部外者ではなく当事者として海外を見る
②漠然と、環境を変えることにより、「いい経験」をする
③英語力をつける
④アメリカ法を勉強する


という感じです。

そもそもこの時はいわゆる「留学マジック」を信じていました。海外へは2回の旅行でそれぞれ3週間、1ヶ月滞在しただけだから、半年もいれば「何かしらの成長」が見込めるだろうと。そして、相当の英語力がつくだろうと


結論から言うと、やはり「マジック」は「マジック」であったというところです。

①については、いくら半年住んでるといっても、あくまで実家の部屋はそのまま残っているし、日本に基盤を残したまま半年間だけ滞在するだけで、あくまで部外者だなと。肩書きも「留学生」だし、結局帰るわけですからね。それに、半年は短い

②については、確かにかなりの成果があったと思う。アメリカの価値観に触れ、日本を相対化する。差別や対立もあったが、やはり日本にいるよりは濃い時間が過ごせた。

③については、数字的に言えば、TOEICは960点まで上がったし、TOEFL PBTも590まで伸びた。ある程度の会話はこなせるようになった。今回院に留学するだけの基礎も作れた。
しかし、法律の授業は半分くらいしかわからないし、少し慣れない話題になるとたどたどしい。映画やドラマ、ニュースは字幕無しでは厳しい。日本での準備も足りていなかった
行くまではたかだか半年でも「ペラペラ」になれるのではと思っていたが、現実はほど遠い
まぁでも、「ペラペラになったるでい」という意思で頑張ったのが結果的には良かったようには思います。日本人との交流を断って毎日英語漬けだったなぁ

④については、ビジネス法と法哲学憲法を学び、難しいながらも、そして留学生がほぼ自分だけという厳しい環境の中でも、頑張れたと思う。まぁでもあくまでかじった程度で、実際に使えるレベルとはほど遠い



とまぁこんな感じです。留学自体初めてだったから現実とのギャップは大きかったし、お試しな感じが強かった。
しかし今回は2回目だし、一応は院の正規課程に進学するのですから、事情も違ってくるわけです。


そんなわけでいくつか抱負があるのですが、長くなったのでそれは次回に回します。アメリカ行くまでに書けるかな笑