ぺんぎんぺーぱーちぇーす -PennLawLL.M.留学記-

University of Pennsylvania Law School LL.M.(ペンシルベニア州フィラデルフィア)を修了し、日本に帰ってきました。留学時代のことやアメリカのことなどを細々と書いていきます。

【歌詞和訳2】NGHFB -"The Death of You and Me"

歌詞和訳が続きます。



今回もNGHFBから。

デビューシングル

The Death of You and Me






です。

典型的歌メロじゃなく、この曲をデビューシングルに持ってくるあたり、流石だなぁと思います。オアシスのときとは違う、ソロらしい曲です。



"The Death of You and Me"


High tide
Summer in the city
The kids are looking pretty
But isn't it a pity that the sunshine
Is followed by thunder?
With thoughts of going under
And is it any wonder
潮時だ。街の夏。子供たちは輝いて見える
でも、太陽のあとに雷が来るっていうのも嫌なものだよな?
気が滅入る。おかしいかな


Why the sea is calling out to me?
I seem to spend my whole life running
From people who could be
The death of you and me
'Cause I can feel the storm clouds sucking up my soul
海がおれを呼び続けているんだ
なんだか、生まれてからずっと、何も考えず逃げてきただけだったな
おれとお前との死からさ
だって、嵐の雲がおれの魂を吸い取ってるような気がするから


High tide
Life is getting faster
And no one has the answer
I try to face the day dawn in a new way
The bottom of a bottle
Is every man's apostle
Let's run away together
潮時だ。時間が経つのがどんどん早く感じる
誰も答えなんてもっちゃいない
新しく明けるこれからの日と向き合おう
ボトルの底から使途がやってくる
一緒に逃げよう。


You and me
Forever we'd be free
Free to spend our whole lives running
From people who would be
The death of you and me
'Cause I can feel the storm clouds
Sucking up my soul
おれとおまえで。おれたちは永遠に自由だ
一緒におれとお前の死から逃げ回ろう
だって、嵐の雲がおれの魂を吸い取ってるような気がするから


Let's run away to sea
Forever we'd be free
Free to spend our whole lives running
From people who would be
The death of you and me
'Cause I can feel the storm clouds coming
一緒に海に逃げよう。おれたちは永遠に自由だ
一緒におれとお前の死から逃げ回ろう
だって、嵐の雲がおれの魂を吸い取ってるような気がするから


I'm watching my TV,
Or is it watching me?
I see another new day dawning
It's rising over me
And my mortality
And I can feel the storm clouds
Sucking up my soul
テレビを見ている。それとも、テレビがおれを見ているのか?
新しい日の始まりとともに、おれたちの死期がやってくる
嵐の雲がおれの魂を吸い取ってるような気がする






いやー……、なんというか、重いというか、曲調もあいまって泣ける曲です(泣いたことはない)。

You and Meと言われると当然リアムとノエル自身のことを指すと考えるわけですが、ノエルはインタビューで以下のように言ってます。

When asked at a press conference whether the meaning of the song was related to the relationship between himself and former bandmate and brother Liam, Gallagher replied that it was based on the saying "If we don't leave this place, it'll be the death of you and me", and that it was "a bit more romantic than that [his relationship with his brother]" and is "a romantic song about ... people escaping the surroundings they're in ... and having a jolly good time and living happily ever after".

wikiにあったインタビュー書き起こしを引用)

「それよりちょっとロマンティックなこと」と含みを持たせて言ってますね。

それでリアムではなく奥さんだとする解釈もあるみたいですが、やはりリアムだと思いたいのがファン心です。ソロ一発目というのもあるし、「潮時」という言葉もオアシスの解散を連想させますからね。

歌詞の英語は全体的にわかりやすいですが、肝心の people who could be the death of you and meとかはちょっとわかりづらい。


"But isn't it a pity that the sunshine is followed by thunder?"
はドキッとしますね。
オアシス時代のSome might sayの初っ端に"Some might say that sunshine follows thunder"という歌詞があるからです。

真逆のことを言ってるわけですから、ソロになってより孤独を歌っているのかなという気がします。ノエルは孤独が似合うし、歌詞にも情緒が増しているような。


あと、最後のサビの盛り上がりと、"I'm watching my TV, or is it watching me?"という歌詞が好きです。なんつうかこうギクッとさせられる。
あとmy mortalityのとこがかっこいい。mortalityという単語が厨二ぽくて好きなのもあるのですが。


あと、

シングルのジャケットが映画館の写真なのですが、上映中のタイトルは、

"It’s never too late to be what U might have been"

とあります。ささりますね、なんか。




これを生で聴けるのは嬉しいですね。ライブまであと2日!

ただの音楽好きブログと化してますが、しばらくこんな感じで