読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺんぎんぺーぱーちぇーす -PennLawLL.M.留学記-

University of Pennsylvania Law School LL.M.(ペンシルベニア州フィラデルフィア)を修了し、日本に帰ってきました。留学時代のことやアメリカのことなどを細々と書いていきます。

超今更ながら、サンクスギビングデーとブラックフライデーの思い出

めっっっっっっっっちゃ今更ですが、先月11月26日木曜日はサンクスギビングデーでした。

未だにどういう祝日かよくわかってないのですが、気になる人はwikiをみてください(丸投げ)。

さて、サンクスギビングで学校は木金土日と4連休になります。学生によっては水曜あたりからサボって5連休にしてる奴も多い(アメリカってこうやって連休伸ばす学生がやたら多い気がする)。

学生はどうするかというと、アメリカ人の場合は大体実家に帰ります。まぁ日本のお盆みたいなもんですもんね。

で、実家がアメリカにない留学生はどうするかというと、まぁ旅行する人が多い。次はアメリカ人の知り合いに招かれてホームパーティ。そうでもなければ留学生同士でホームパーティ。

でぺんぎんはどうしていたかというと、勉強してました。ツラい…。まぁ、ファイナル一ヶ月前切ってる時期ですからね。そして前の週はボスキャリ準備で勉強してなかったし。なんでこんな時に連休ぶち込むんだよ、と正直思った。この前ハロウィーンあったばっかですやん、と。

で、どこで勉強するかというと、学校は閉まってるんですね。じゃあスタバでも行くかと思うと、スタバも結構閉まってる店舗があったりする。開いてても5時に閉まったり。ていうか、少なくともユニバーシティシティは、街自体が死んでる。まぁ学生はみんな実家に帰ってるわけだからね。

じゃあ家でやればいいじゃんお前、ということになるが、その時僕はまだ家がありませんでした笑。ボストン行く時にLLMの友達の家に荷物を置かせてもらって、そして帰ってきてそのままその友達の家に泊まっていた。いやはや、ホームレスはマジでツラかった。

なんか、アメリカってほんと休む時は休むっていう姿勢がしっかりしてるんですよね。だからこういう休みの日に何もすることがなかったりする敗北感というか、寂しさみたいなのは日本の比ではないです。

じゃあお前も旅行すればよかったじゃん?と思うじゃないですか。でもその先週ボストンに4日間も行ってたばかりなわけで、どちらかというと休みたかったし、金が尽きていた。

 

というわけで、何だか苦い思い出になったのがサンクスギビングデーであった。

唯一の思い出といえば、サンクスギビングデー前日に友達と映画を観に行ったこと。スペクターですね、007の。僕は考えてみれば007をちゃんと観るのは初めてだったし、僕の中ではまだボンドはピアースブロスナンだったので、「今はこの人がボンドなんだ…」と思ったけど、ダニエルクレイグってこれで3作目なのね。完全に時代に取り残されている。

あとは友達と家でロッキー2を観た。これ、僕は実は6まで全部観てないんですけど、よくこのワンパターンで6まで続くな!!?!?と思った。

そういえば、先日ロッキーの続編ともいうべき映画Creedが公開されましたね。まだ観に行けてない…。

 

******************

ブラックフライデーはこちらに来て初めて知ったが、サンクスギビング翌日の金曜日の大セールを言う。街に行けば50%OFFとかは当たり前。買い物好きにはたまらない日である。

僕も冬物をまだあんまり買ってなかったので色々買い物したかったのだが、前述の通り金がなくろくに買い物できず…。唯一買ったのはこちらに来て好きになったJack Willsというブランドの小物。全部40%OFFだったのでつい買ってしまった。

f:id:pennguin:20151221073104j:plain

ちなみに、翌週の月曜はサイバーマンデーと言われる。ブラックフライデーでの売れ残りがオンラインで帰るというもの。友達はこれでニューヨークの高級ホテルを70%OFFとかで予約していた。いやはや賢い。

 

というわけで、超今更な投稿でした。