読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺんぎんぺーぱーちぇーす -PennLawLL.M.留学記-

University of Pennsylvania Law School LL.M.(ペンシルベニア州フィラデルフィア)を修了し、日本に帰ってきました。留学時代のことやアメリカのことなどを細々と書いていきます。

【歌詞和訳5】Arctic Monkeys - "Do I Wanna Know?"

f:id:pennguin:20160413203101p:plain

 

歌詞和訳、やっぱり楽しいし表現も学べて一石二鳥なので、1日1個できたらなぁとか思ってる。他にやらなきゃならないことがたんまりあるわけだけど…。

 

今回は、アークティックモンキーズの最新アルバム(といっても3年前だが)"AM"の1局目を飾るこの曲。

 

youtu.be

アークティックモンキーズと言えば、I bet you look good on the dancefloorとかBrianstormとかひたすら激しいリフと疾走感のある曲が多い。僕はこのへんとかWhen the sun goes downとかは大好きで、I bet~は高校時代にバンドでカバーした思い出の曲だ。

ただ、アルバム全体で聴くと結構単調で飽きるので、実はバンドについては結構ニワカである。好きな曲鬼リピ野郎である

この曲を初めて聞いた時は「ん?」と思った。リフメインというのは従来と同じだが、このどっしりしたスローテンポは新境地。そして聴くたび病みつきになる。そして歌詞が素敵。そういう意味では前回のMadnessと同じような感じである。最近ハマり中

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

"Do I Wanna Know?"

Have you got colour in your cheeks?
Do you ever get that fear that you can't shift the tide that sticks around like something in your teeth?
Hiding some aces up your sleeve
Have you no idea that you're in deep?
I've dreamt about you nearly every night this week
How many secrets can you keep?
Cause there's this tune I found that makes me think of you somehow and I play it on repeat
Until I fall asleep
Spilling drinks on my settee

頬を赤くしてどうしたんだよ

奥歯に物が挟まっているみたいな、まとわりついて流れを変えられないような、そんな恐怖を感じたことはあるかい?

奥の手を隠して。どれだけ奥底にいるか考えたことはあるかい?

ほとんど毎晩のようにお前の夢を見るよ

一体どれだけの秘密を持ってるっていうの?

お前のことを考えてしまう曲を見つけて、それを毎日寝つくまでかけてさ。気づいたらソファーに酒がこぼれてる始末さ

 

<Verse>
(Do I wanna know?)
If this feeling flows both ways
(Sad to see you go)
I've started hoping that you'd stay
(Baby we both know)
That the nights were mainly made for saying things that you can't say tomorrow day

(俺は本当に知りたいのか?)

もしこの感情を俺とお前とで共有してるならさ

(お前がいなくなるのを見るのは辛いんだ)

お前が残ってくれることを期待してしまうよ

(なぁ、お互いわかってるんだろ?)

その夜は、明日言えなかったことを言うために作られたんだって

 

<Chorus>

Crawling back to you
Ever thought of calling when you've had a few?
Cause I always do
Well baby I'm too busy being yours to fall for somebody new
Now I've thought it through
Crawling back to you

お前のところに這い戻るよ

ちょっと酔っ払った時とかに、電話をかけたくなったりすることってないかな

だって、俺はよくあるからさ

多分、お前のものでいるのに忙しすぎて、新しい女を作る気にもなれないんだよ

考え抜いてわかったよ

お前のところに這い戻るよ

So have you got the guts?
Been wondering if your heart's still open and if so I wanna know what time it shuts
Simmer down and pucker up
I'm sorry to interrupt it's just I'm constantly on the cusp of trying to kiss you
I don't know if you feel the same as I do
But we could be together if you wanted to

それで、決心はついた?

ずっと気になってるんだ。お前の心がまだ開いていて、それで俺はそれがいつ閉まるのか知りたいのか

心を鎮めて、そっと唇を突き出して

邪魔してごめん。ただ、お前にキスしようとこうしてるだけなんだよ

お前が同じように思ってるのかはわかんないけどさ

でも、お前が望んでくれたら、俺たちはまた一緒になれるような気がするんだ


<Verse>


<Chorus>

 

Crawling back to you

 

<Verse>

(Do I wanna know?)
Too busy being yours to fall
(Sad to see you go)
Ever thought of calling down?
(Baby we both know)
Do you want me crawling back to you?

(俺は本当に知りたいのか?)

お前のことが忘れられないんだ

(別れるのは辛いんだよ)

責めたいって思ったことはないのか?

(なぁ、俺もお前も知ってるんだろ?)

俺に戻ってきてほしいの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これはストーリーは単純で、振られた男が彼女とよりを戻そうとすがる曲だ。

ちょっと情けないが、ぺんぎんも女々しいとよく言われるのでこの歌詞には非常に共感出来る。特に、"Ever thought of calling when you've had a few? Cause I always do"というところは、あぁあるあるとなる人は多いだろう。

ところで、オアシスのSlide Awayとかもそうだけど、なぜかぺんぎんは失恋ソングが好きである。考えてみたら、初めて自分で作った曲も失恋ソングだった。別に当時失恋したわけではなかったのだけど。単に書きやすいからかな。

こういうラブソングをこのどっしりしたメロディでやっちゃう、そういうところがたまらない。これぞロックって感じだ。まっすぐだけど口下手だからこんな方法でしか言えない。しかもぶっきらぼうかつちょっと偉そうな言い方で。散々うじうじして最後に質問で終わるところも、なんとも人間臭い。